女性がプロテインを飲むと太る?実際はどうなのか調査!

「プロテインを飲むと太る」はデマ?

女性アスリートの悩み…

女性である以上、「可愛くありたい」という感情を抱いている方が多いと思います。

「体重は増やしたくないけど筋肉は付けなきゃいけない…」

「プロテインを飲むと筋肉も付くけど脂肪も付きそう…」

そんな悩みがあると思います。

本記事では、そんな悩める女性アスリートのお悩み解決の提案をさせていただきます!!

体重の増減には摂取エネルギーと消費エネルギーが関係している!

みなさんがよく耳にしたり実際に使う言葉で「カロリー」というものがあると思います。

カロリーとは、簡単に言うと「エネルギーの単位」で、「人体を動かすためのもの」だと考えておいてください。

では、なぜエネルギーと体重に関係があるのでしょうか?

一日に使うカロリーが3,000kcalで、摂るカロリーが3,000kcalだったら、単純計算で差はゼロ、すなわち体重は変わりませんよね。

体重は、この”差”がマイナスになれば減りますし、プラスになると増える、という至極簡単な仕組みなのです!

そのため、体重を増やしたくないけど競技のために筋肉は付けたい方は、消費カロリーと摂取カロリーがなるべく同じになるよう努力してみてください!!

ちなみに、しっかりとトレーニングをすれば、外から見て「痩せた」と言われますが、実際には体重が変わらない、ということがあります。

これは、筋肉の方が脂肪よりも重いので、引き締まったと感じるのです!!

「痩せたい」と思う女性アスリートの方は、そこを目指してワークアウトに励みましょう!

摂取カロリー<消費カロリーになると体重が減るので注意…!

まず、「プロテインとは何か」を考えてみよう

ただの「栄養補助食品」

プロテインとは、栄養補助食品、つまり読んで字のごとく、栄養うのをける食品です。

主にたんぱく質を補うことを目的としています!!

protein(プロテイン):たんぱく質

我々の食生活では、一日のたんぱく質摂取目標を達成することは極めて困難です。

というのも、体重50kgの女性アスリートが一日に摂るべきたんぱく質の量は、最低でも100g(アスリートは体重×2(g)が最低ライン)と言われています。

たんぱく質量
鶏卵1個あたり約6g
納豆1パックあたり約8g

筆者も高校球児時代に栄養管理をとても意識していましたが、「食事だけで体重×2(g)のたんぱく質を摂取するのは無理!!!」という結論に至り、プロテインの恩恵を受けていました!!

女性アスリートにおすすめのプロテイン

パッケージがおしゃれ…!
こちらのプロテインは、吸収の速いホエイプロテインで、たんぱく質だけでなく女性に不足しがちな鉄分、さらにビタミンCも豊富に配合されており、おすすめです!!

どうしても体重が気になるあなたにおすすめの飲み方

朝食を炭水化物+プロテインにする

朝ごはん、食べていますか?

食べていない方、要注意です!!

朝食を食べないと体内時計の異常で体重が増えやすいというデータが出ています…

食べている方は毎日の朝食にプラスでプロテインを飲みましょう!

食べていない方は朝食を食べることにプラスでプロテインを飲みましょう!!

寝起きの状態は、カラダの栄養が切れてしまっているので、しっかりと栄養を補給することが大切です。

ご飯を食べる前にプロテインを飲む

プロテインを飲むと、お腹の中で膨らむような感覚になります。

もちろんプロテイン自体にカロリーもありますし、糖分も含まれているので血糖値が上がり、結果的に満腹感を得られるのだと考えられます!

「炭水化物抜き(少なめ)で…」

そんなこと考えなくていいんです!

先にプロテインを飲むと勝手にお腹いっぱいになるので(笑)

もちろん、ワークアウト後のプロテインも忘れずに!!!

基本ですよね。

運動後30分はゴールデンタイムと呼ばれ、速くたんぱく質を吸収することができます!

これがプロテインを飲むにあたって一番大切なことと言っても過言ではありません。

基本ができた上で、この記事で紹介した飲み方を実践してみてください!

仲間にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です